島野芳子展/レクィエム REQUIEM

展示風景2003年12月10日〜18日(画像clickで拡大)

↑和室space

←天窓space


今回は、遊工房さんとの共同開催。
SHIMANO YOSHIKO
米国ニューメキシコ州在中
カリフォルニア美術工芸大学
(B.F.A.)ミルズカレッジ(M.F.A.)卒業
主な展覧会:
'03「砂漠と聖なる水」タカダギャラリー/サンフランシスコ
  「レクィエム」ニューメキシコ大学美術館/アルバカーキー
  「8人のアメリカ現代版画展」オメガギャラリ/ローマ
'02「SNAPGallery」/エドモントン
  「サウウスウェストテキサス州立大学アートギャラリー
'01「山が賛美する時」Gallery Jin/東京 他


重く暗い「死」のイメージとも言えるレクィエム。

そこで表現されものは、死者にささげられる祈りでありますが、

同時に愛と平和を願い求める人々の、静かな静かな安息の祈りでも

あるのではないでしょうか。

愛と平和は、一見「死」とは関わりがないことのにようにみえますが、

ひとつの見えない線で結ばれているように思えてならないのです。

                            島野芳子

遊工房のHP

版画と歌のコラボレーション

「場所」遊工房

「日時」12月12日(金)19時〜/12月15日(月)19時〜

「声楽家」渡辺玲子

Copyright(C) 2001-2017. Gallery burikiboshi. all rights reserved.