安藤雅信展 ピューター情景

展示風景/2004年9月1日〜9日

19世紀までの焼き物の歴史は、
白磁への憧れの歴史でもある。
濁った素地を隠す白色は、
雪景色のように聖俗も覆い隠す無の世界。
17世紀にオランダで展開された白い焼き物を陽とすば、
ピューターは陰か。
もちろん勝手な解釈である。
磨かれていないピューターの皿に、
銀の代用品の悲しさよりも控えめな存在感を感じるのは、
私だけではないだろう。
それらをもっと使える陶器に置き換えてみた。
ピューターへのエールである。
                 安藤雅信

Copyright(C) 2001-2017. Gallery burikiboshi. all rights reserved.