川崎美智代展 絵画という惑星の探査

展示風景2004年10月6日〜14日 協力:Gallery Jin 

川崎さんの絵は、私にとって、
不思議で、不可解なところがあるのですが、
そこが魅力的です。
川崎さんは「絵画という惑星の探査」の制作ノートで
「絵を描くことは、生の意味を問う行為」
と書いていますが、
それが、そこはかとなく伝わってくるというか…。
「あ…」とか「…?」「しかし」とか
感動詞、接続詞のような絵が散らばっていて、
「あれっ、いったい何だろう」
という気持ちになります。
でも、よく見ていると
「わからないけど、いいなぁ」
川崎さんの言葉には、いつもハッとさせられます。
ポツリ、ポツリと話される言葉に
確かさを感じで「あっ、そうなのか」。

Copyright(C) 2001-2017. Gallery burikiboshi. all rights reserved.