カケラとうつわ 三谷龍二+PERSONASTUDIO

展示風景2004年4月7日〜18日(画像clickで拡大)

自然のものにせよ、人工のものにせよ、
観察する価値のないものなんて
この世に存在しないんだからね。
w.サローヤン作 伊丹十三訳「パパ・ユア・クレイジーより

ある日、友だちの工房が火事になってしまった。
お見舞いに出かけた時、
焼跡から拾いだされたという鑿や工具を、いろいろ見せてもらった。
すでに使えなくなったという道具のカケラ。
でも、用途という肩の荷を下ろした道具もまた、
とてもきれいだと思った。
僕はその中から数点貰って帰り、
家で専用の台を作って、その上に鑿を立てた。
僕は、その鑿をよく観察するためにの「場所」が欲しかったのだ。
                              三谷龍二

Copyright(C) 2001-2017. Gallery burikiboshi. all rights reserved.