内藤瑶子展ー北斗君の火星ー

展示風景2004年1月14日〜22日(画像clickで拡大)

いつだったか、
山根康壮さん(ブリキカンに絵を描いている作家)に、
内藤瑶子さんの絵の写真を見せて頂いたのが、
最初の出会いでした。
巧い下手を超えていました。
作家たちがひたむきに生きていた大正・昭和初期の
雰囲気を漂わせていて、魅力的でした。
内藤さんは、1985年生まれで18才。
高校1年の時、美術の先生の影響で絵を描きはじめた
というから、まだホヤホヤの作家です。
北斗くんの絵(左「北斗君」100cm×50cm)。
彼女がアルバイト先で出会った小学生の名前です。
小学生の男の子が、このような絵になるのだから、
人の感覚と表現って、凄くて不思議でオモシロイですね。
2004年、最初の企画展。
内藤さんの油絵と木版画を、お楽しみください。

Copyright(C) 2001-2017. Gallery burikiboshi. all rights reserved.