冨沢恭子展

展示風景2004年11月24日〜12月2日 ※画像クリックで拡大

冨沢さんの作品に出会って、(ブリキ星通信01.10参照)
もう3年もたったのですね。
布や和紙を柿渋などで染め、
それを縫い合わせてつくる平面(時には立体)の世界。
中学1年から4年間、メキシコで暮らした
その時の土の香りと、プリミティブで、
骨太な精神がいきづいているようで…。
素直で、健康な精神から、
これだけ見事な世界をつくれるということは、
やはり、才能なのでしょうか。

Copyright(C) 2001-2017. Gallery burikiboshi. all rights reserved.