岡本真紀子展ーひもの行方ー

展示風景2005年3月9日〜17日 ※画像クリックで拡大

↑1

↑2

↑3

↑4

↑5

↑6

↑7

↑9

↑10

↑8

↑11

↑12

作品1「他言スルナカレ」
作品2「記憶の中にある会話」
作品3「悲喜こもごも」
作品4「紫花の木の下にて」
作品5「ひものある風景」
作品6「紫花が散るのに」
作品7「銀鼠色の午後」
作品8「雨模様」
作品9「快楽の丘」
作品10
「わたしはわたしの故郷とつながって」
作品11「むくりとした雲」
作品12「作業の途中」

↑展示風景

岡本真紀子さんの描く絵は、
日常の中にひそむ不思議さなのでしょうか。
彼女が住み、生活するロサンゼルスの
日常から非日常の光景が、
きりとられています。
今回は、2年半ぶりの個展。
子育てをしながらも、
ますます腕をあげられたようで、
作品との再会が楽しみです。

Copyright(C) 2001-2017. Gallery burikiboshi. all rights reserved.