内海満昌展

展示風景2005年4月6日〜14日 ※画像クリックで拡大

「平和」で「豊か」(カッコつき)な今の時代は、
絵描きにとって、よい時代なのでしょうか…。
伝わってくるものがありすぎる「無言館」に
残された戦没画学生の絵を見ると、そう感じます。
こういう時代であっても(こういう時代だからこそ?)
存在そのものへの不安感、
時代そのものへの違和感と対峙して、
内面世界の深みを、表現している絵が生まれます。
私は、このような絵に敏感に反応するようです。
内海さんも、そのひとり。
今回で5回目の個展になります。

Copyright(C) 2001-2017. Gallery burikiboshi. all rights reserved.